どうやって処理するのが一番いいのかわからない

子供の頃から手足が毛深く眉毛もしっかりと濃いめの眉毛でした。

小学校の高学年頃にはスネ毛が気になるようになり、他の友達と比べてもかなり濃く毛深かったです。

親に内緒でお風呂場にあるカミソリで時々処理をして毛深さをごまかしていました。

手足の毛深さは人からの目が気になるので、カミソリで処理をして何とかしのいでいました。

しかし高校生の頃に友達と銭湯に行った時に、友達は全く気にしていませんでしたが、私は自分と友達のデリケートゾーンの毛の生え方の違いにビックリしてしまいその時に改めて自分の毛深さに気づきました。

髪の毛は細く柔らかい毛質なのに何で手足やデリケートゾーンはかなり毛深いのかと思いました。

手足もデリケートゾーンもそのままではこれから友達と銭湯や温泉に行くこともプールで水着になることもできない!と思ったので、雑誌などで毛深い人の処理法を調べて手足はカミソリでうまく処理できるようになっていました。

そして少しでもデリーケートゾーンの毛深さを何とかしたかったので、カミソリとハサミを使って自分のデリケートゾーンの毛を処理することにしました。

部分的にかなり気を付けながらの処理ですが、デリケートゾーンの長い毛を短くハサミで切っていき、それからできるだけデリケートゾーンから遠い部分の毛をカミソリで剃っていきます。

少しずつムダ毛の処理をしたら全体のバランスを見て、ハサミとカミソリでデリケートゾーンのムダ毛を処理していきます。

水着を着ても毛深く長いムダ毛が見えないくらいの長さに処理することができたので、それからは現在まで、デリケートゾーンの毛が伸びてきたと思ったらカミソリとハサミで処理しています。

しかしこのままずっと毎日の手足の毛の処理と時々のデリケートゾーンの毛の処理を行い続けると思うと、若い頃に脱毛しておけばよかったと後悔することもあります。

脱毛しておけばこんなに数十年も自分の毛深さに悩むこともないのに!

昔は費用が高く諦めていましたが、私の住んでる東広島のような田舎にも安い脱毛サロンがあることを知りました。

東広島市でムダ毛に困っている人は参考にしてください。【脱毛東広島市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です