40代になってもムダ毛に苦しんでいる

40代の女子です。人より身体の「毛」が多いと感じています。髪の毛の量はもちろんのこと、腕やすねまでけっこう生えています。

「なんだか…」と感じたのは、小学高学年の頃か、中学に入ったあたりだったと思います。最初に気になったのは「すねの毛」。

服装や、制服などになると、とても気になるし、一番「め」につくんです。気にしてみているわけではないのですが、ちょっとしたことで、「あれ、私の足、毛がいっぱいじゃない?」と思いました。

友人たちの足はつるっとしています。思春期の多感な時期に気になりだしたら、もう、とまりません。「私は毛深い」とコンプレックスになり、制服以外は常に足を隠すようにパンツばかり履くようになりました。

おばさんになった今でも変わりません。母からは腕やすねの「毛」は剃刀などで剃るとどんどん毛深くなるからやめたほうがいいと言われ、信じきった私はうのみにしました。

年が取るにつれて、「脱毛」の文字に敏感になります。最近では良い脱毛サロンがないかネットで探してばかりいます。特に私の住んでいる四日市の脱毛サロンの口コミを。(※脱毛四日市市

人によって生えている量も毛の色も違うのではないかと思うのですが、私の場合、毛の色は黒く目立ちました。なので脱色してみると腕に生えていた毛は金髪になり、目だなくなりました。

季節が暖かくなって来る頃のなると脱色をし、目立たなくしていました。脱色もよかったのですが、匂いきつく、時間がかかるので今はしていませんが、すね、腕は季節や、何か行事があるときに、剃刀で剃るようになりました。

出産をしてからしばらくたって気が付いたのですが、今まで生えていなかったところに生えはじめてきたのです。足の指、手の指に毛が生えていました。しかも気が付いたのがレジで会計に際にお金を渡したときでした。「指に毛が生えている!!!」店員さんに見られたのではないかと思うと顔をあげられませんでした。

ある時、夏物の涼しげな靴を買おうと靴屋で、試し履きをしてしていました。自分の足先を見て「あれ」と思ったのです。「足の指に毛がっっ」急いで帰りました。その日の夜すぐに毛を剃りました。

一番困るのは「脇のムダ毛」です。抜いたり剃ったりするのですが、翌朝には生え始めているし、ノースリーブを着ても脇が気になって腕はあげられません。しかも量も多めで目立ってしまうのです。大切なお出かけの時はぬかりなく処理しないといけませんね。