どうやって処理するのが一番いいのかわからない

子供の頃から手足が毛深く眉毛もしっかりと濃いめの眉毛でした。

小学校の高学年頃にはスネ毛が気になるようになり、他の友達と比べてもかなり濃く毛深かったです。

親に内緒でお風呂場にあるカミソリで時々処理をして毛深さをごまかしていました。

手足の毛深さは人からの目が気になるので、カミソリで処理をして何とかしのいでいました。

しかし高校生の頃に友達と銭湯に行った時に、友達は全く気にしていませんでしたが、私は自分と友達のデリケートゾーンの毛の生え方の違いにビックリしてしまいその時に改めて自分の毛深さに気づきました。

髪の毛は細く柔らかい毛質なのに何で手足やデリケートゾーンはかなり毛深いのかと思いました。

手足もデリケートゾーンもそのままではこれから友達と銭湯や温泉に行くこともプールで水着になることもできない!と思ったので、雑誌などで毛深い人の処理法を調べて手足はカミソリでうまく処理できるようになっていました。

そして少しでもデリーケートゾーンの毛深さを何とかしたかったので、カミソリとハサミを使って自分のデリケートゾーンの毛を処理することにしました。

部分的にかなり気を付けながらの処理ですが、デリケートゾーンの長い毛を短くハサミで切っていき、それからできるだけデリケートゾーンから遠い部分の毛をカミソリで剃っていきます。

少しずつムダ毛の処理をしたら全体のバランスを見て、ハサミとカミソリでデリケートゾーンのムダ毛を処理していきます。

水着を着ても毛深く長いムダ毛が見えないくらいの長さに処理することができたので、それからは現在まで、デリケートゾーンの毛が伸びてきたと思ったらカミソリとハサミで処理しています。

しかしこのままずっと毎日の手足の毛の処理と時々のデリケートゾーンの毛の処理を行い続けると思うと、若い頃に脱毛しておけばよかったと後悔することもあります。

脱毛しておけばこんなに数十年も自分の毛深さに悩むこともないのに!

昔は費用が高く諦めていましたが、私の住んでる東広島のような田舎にも安い脱毛サロンがあることを知りました。

東広島市でムダ毛に困っている人は参考にしてください。【脱毛東広島市

給料が少ないので経済的にピンチです

 

私は都内に住む独身サラリーマンです。

不況の影響で、給料は上がらないしボーナスも少なく経済的にいつもピンチです。

少しでも収入を増やそうと、毎日のようにアフター5にはパチンコに行きます。

頑張って毎日通って自分なりにデーターを取ってパチンコを楽しんでいます。

複数のお店に行ったり、パチンコ好きな会社の同僚と情報交換しているので、結構お金を稼ぐことが出来ます。

しかし時には大負けする時もあります。買った時は当然いいんですが、負けた時は本当に辛いです。。。

そんな時は生活費が厳しくなるので、負けた分と同じ金額を消費者金融でキャッシングします。

私は1社の消費者金融しか利用していないのですが、気軽にお金を借りることができるので非常に便利です。

実は消費者金融の利用は、大学生時代からなのでかなり付き合いが長いです。(※利用しているのはこちら⇒プロミス※学生ローンの利用よりもおすすめ!限度額・在籍確認は?

そして生活費がリセットされたらまたパチンコに行きます。懲りないですね・・・(+o+)

会社の同僚も消費者金融でお金を借りていると言っていました。皆も好きですね。。。

月末になると私だけでなく会社の同僚たちも経済的にピンチになるようです。

そんな時食費など節約生活することも大事ですが、消費者金融でお金を借りれば生活水準を落とすことなく生活することが出来ます。

借りたお金は翌月から少しづつ返済していけばいいので安心です。

時にはパチンコで大勝出来る時もありますし。

今度新たにもう1社消費者金融でお金を借りる予定です。こんな生活していたらダメだとは分かっているんですが、お金を手に入れるためには・・・って考えたら止められずに。。。

でも今までのパチンコでの勝額を計算してみたらどう考えてもマイナスのような気がします(*_*)

やっぱり楽して稼ごうなんて考えたらダメですよね。世の中そんな簡単じゃないですもんね。

っていいながらも、今日も行ってしまいそうな自分がいます。あ~給料がもう少し増えてくれればな…って思う今日この頃です。

毎日頑張るしかないですよね!!

「あいがとう」の大切さと、愛情表現について

2歳の娘を持つ一児の母です。毎日、子育てが大変なんですが、やっぱり子供が成長するのは嬉しいですよね。

上手くストレス発散しながら、気楽に子育て頑張ってます。この間は旦那に子どもを任せて、舞台「ドリアングレイの肖像」を見てきました。

久しぶりにゆっくり出来て、リフレッシュできましたよ(‘ω’)ノ

私の子育て法なんですが、まだ2歳児ですので、育児を語るには早いかもしれませんが、いくつか心がけていることがあります。一つ目は何事にも感謝の気持ちを持って接するようにしつけています。

2歳なので、こちらの話すこともほとんど理解してくれ、言葉も少しずつ覚えていっています。娘は「ありがとう」という言葉を覚えていますので、誰かに何かしてもらった時は、必ず「ありがとうは?」と言って癖づくようにしています。

そのかいあってか、お茶を入れてあげたり、主人が娘におもちゃを買ってあげたりした時は、自然と「ありがとう」というようになっています。

私自身、母には「ありがとう」の大切さを昔から教えこまれており、何事にも感謝の気持ちをもって生きることが大事だと言われていました。

ありがとうと言われて嫌な人はいないので、これからも娘にはこの言葉の意味をしっかり理解して、たくさんの人に使ってもらいたいと同時に、「ありがとう」と他の人からたくさん言われる人生であってほしと思います。

2つめは、夜寝かしつける時にその日の出来事を娘と話すようにしています。「今日は公園で遊んだね」や「今日はこんなことで怒られたね、今度からは気を付けようね」など娘の目を見て寝る前に話すことでスキンシップを取っています。そして最後にぎゅっと抱きしめて「大好きだよ」と伝えてから寝かしつけるようにしています。

「魔の2歳児」と言われているように、日々部屋がぐちゃぐちゃになるくらい暴れることもしばしばで、私の雷が落ちることも多々あります。

その時にはイライラして、きつく怒ってしまうことも多い時期です。でも、そんな時にもその日のうちに必ず「大好きだよ」ときちんと伝えることで、娘も安心するのではないか、と思っています。

以前、本屋で見た雑誌で「全ての子供がしなければならないことが一つだけある。それは、私は愛されていると実感する体験をすること」と書かれていたのを見たことがあります。親も人間なので、怒ることもたくさんありますが、娘にはたくさん愛していると伝えたいと思っています。

私たち親がきちんと愛情表現をすることで、娘自身も成長した時に、周りの人にたくさんの愛情を与えられる人間になるのでは、と思っています。

最近では、親の虐待や子どものいじめ問題など様々な問題がありますが、親が幼い頃から愛情をしっかり注いであげることで防ぐことができる問題もたくさんあるのではないでしょうか。